今すぐ
体験予約する
まずは
無料カウンセリング
を予約する

運動中の怪我の予防について

 皆さんこんにちは、LAULE’A 50Fitnessです!

運動は健康に良い反面、怪我のリスクもあります。運動中に怪我が起こらないよう、今回は運動中の怪我を防ぐための4つの方法を紹介します。

①ウォーミングアップを必ず行う

 ウォームアップは運動前の必須項目です。筋肉をほぐし、心拍数を上げることで、怪我を防ぎます。ウォームアップを怠ると、筋肉や関節が冷えきっている状態で運動を始めることになり、怪我のリスクがかなり高くなります。短い時間でも5-10分のウォームアップで全身を動かし、体を温め、運動を行う準備を整えましょう。

②適切な装備を選ぶ

 運動に適した装備の選定は、怪我を予防する重要なポイントになります。特に靴は足と地面との接点になるため、しっかりとフィットするものを選ぶ必要があります。不適切な靴は足に負担をかけ、脚や腰への怪我のリスクを高めます。また、膝や肘のサポーターも活用しましょう。

③正しいフォームで行う

 正確なフォームを習得することで、怪我を防ぐために非常に重要になります。特に重量挙げやランニングなど、繰り返しの動作が多い運動では、一回一回の動作が非常に重要です。誤ったフォームで運動を続けると、筋肉や関節に不自然な負担をかける可能性があり、怪我のリスクを高めます。

④適度な休息

 適切な休息とリカバリーもまた重要です。疲労が蓄積すると、筋肉や関節の機能が低下し、怪我のリスクが高まります。休息日を設けたり、ストレッチやマッサージを行うことで、身体の回復を促しましょう。

まとめ

今回は、運動中の怪我を防ぐための方法をご紹介しました。4つの方法を行う事で、運動中の怪我のリスクを大幅に減らすことが可能になります。健康で安全な運動生活を送るために、これらのポイントをぜひ実践してみて下さい。

肥後橋・中之島のセミパーソナルジムLAULE’A50Fitness

大阪市西区京町堀1−10−18大榮ビル東館3階A室

地下鉄肥後橋駅から徒歩3分

|